Posted by at

2014年10月31日

Windows 8.1を使い始める-ステップ8(1)


ステップ8 「スタート画面」をカスタマイズする
  「スタート画面」は、使いやすくカスタマイズできます。よく使うアプリを見やすい位置に移動したり、同じカテゴリのアブリをグループ分けしてみましょう。また、右クリックメニューの使い方も覚えておきましょう。
アプリの位置を移動する
解説:アブリの位置を変更する
  「スタート画面」に並ぶアプリは、好きな位置に移動できます。使っていくうちにアプリの数が増えてくるので、見やすく整理する方法を覚えておきましよう。


ひと押し:「スタート面面」の壁紙を変える
  「スタート画面」の背景は変えられます。「スタート画面」を表示しておき、チヤームバーから[設定]→[パーソナル設定]をクリックすると、一覧から絵柄を選べます。






関連記事:




  


Posted by gogoing at 12:22Comments(0)

2014年10月22日

Windows 8.1起動と終了、乗り換えの便利技(087-088)


087 電源を入れたときに修復中と表示されたときは
  以下の画面は、ハードディスクのエラーチェックを実行しているときに表示されます。エラーチェックが終了するとWindowsが正常に起動するので、しばらく待ちましよう。
  ハードディスクのエラーチェック中はこの画面が表示される


088 パスワードを忘れたときは
  サインインの画面で間違ったパスワードを入力すると、以下のようなメッセージが表示されます。パスワードのヒントを設定しているときは、[OK]ボタンをクリックすると、「パスワードのヒント」が表示されるので、ヒントを頼りにして、正しいパスワードを入力し直しましよう。windows8.1 oem設定したパスワードを忘れてしまうと、二度とパソコンにサインインできなくなってしまうので注意してください。





関連記事:




  


Posted by gogoing at 12:55Comments(0)

2014年09月22日

Windows 8.1の特徴を知ろう(002)


002 Windows 8.1が動作する環境を知ろう
  Windows 8.1は、タッチパネルを利用した直観的な操作もできることが特徴のOSです。従来からあるデスクトップパソコンやノートパソコンのほか、タブレットでも快適に使えるようになっています。なお、必ずしもタッチパネルで操作をする必要はなく、マウスだけでも快適に操作できるので、今使っているデスクトップパソコンやノートパソコンにインストールして使うこともできます。なお、タッチパネルが搭載されていない機器でも従来通りマウスやキーボード、タッチパッドなどを使って快適に操作ができます。そのため、今使っているデスクトップパソコンやノートパソコンにWindows 8.1 購入をインストールして使うこともできます。Windows 8.1が動作する環境として、以下にデスクトップパソコンとノートパソコン、タブレットを紹介していますが、中にはタッチパネルのみで操作できるモードとキーボードやタッチパネルを利用して操作できるモードの両方を選べるノートパソコンもあります。タブレットの場合も、ワイヤレスや外付けのキーボードやマウスを利用して操作できる機種もあります。










関連記事:




  


Posted by gogoing at 17:25Comments(0)

2014年09月05日

第1章 OSの動作条件とハードウェアの準備(十)



このスペックなら買い換えよう
 次にHDD容量の問題だが、ネットブックの初期には当時は高価だったSSDを少量搭載したモデルもあった。初期の4GBや8GBというSSDでは当時のWindowsXPですらぎりぎりで、Windows 8.1が要求する16GBや20GBには足りていない。
 ネットブックの場合、CPUやSSDはマザーボードに直付けで、ユーザーが容易に交換したり増設できるようになっていないため、Windows 8.1 価格のインストールは不可能と判断するしかない。
 一時期、小型の1.8インチHDDを搭載したモデルが存在する。コネクタが統一されておらず、大容量版へのスイッチが行われることなく消滅した規格もあり、大容量版のHDDがなく交換もできないというノートPCもある。
 また、64ビット版のWindows 8.1を使うためには、CPUが64ビット命令のx64に対応している必要がある。





関連記事:




  


Posted by gogoing at 11:59Comments(0)

2014年08月26日

Windows Liveメールの初期設定かHTML形式で先方に怒られた



テキスト形式に設定を変更する

★Windows Liveメールは初期設定でHTML形式だが、一般的なテキスト形式に設定を変更
1 [ファイル]タブをクリック
2 [オブション]を選択
3 [メール]を選択


4 [送信]タブを選択
5 [テキスト形式]を選択
6 [OK]ボタンをクリック
windows8.1 ダウンロード版POINT:[テキスト形式の設定]ボタンをクリックすると、送信時に1行を何文字で折り返して表示するかの設定ができます。


7 [電子メールメッセージ]ボタンをクリック
8 テキスト形式のため、書式設定ボタンが選択できない
POINT:HTML形式ではフォントサイズの変更や絵文字の挿入などができますが、テキスト形式ではそのような書式設定はできません。受信先によってはHTML形式は表示できないこともあります。







関連記事:




  


Posted by gogoing at 11:21Comments(0)

2014年08月13日

IE 11で変わるWebブラウズ環境 四



 Windows Vista以降から積極的にGPUが利用されているが、Internet Explorer 11では、JPEG形式ファイルのデコードやテキストのレンダリングにGPUを利用している。GPUによるリアルタイムデコードを実装することで、Webページ読み込みの高速化とメモリー消費量を抑制し、結果的に消費電力の軽減=バッテリー寿命の向上こつながるそうだ。この他にもHTML5ビデオやSPDY(スピーディー:Googleが提唱した次期通信プロトコルの1つ)のサポートなど、機能的な向上点は多い。

 また、HTML5でメディアストリーミングを実現するMSE(Media Source Extensions)をサポートし、ネットワーク帯域が安定しない場合もビットレートを調整して再生状態を維持する機能や、windows8.1 激安DRM(デジタル著作権管理)でコンテンツを保護するEME(Encrypted Media Extensions), 一般的に字幕などに用いられるクローズドキャプションテキストのスタイル定義などを定めたTTML Simple Delivery Profileなどにも対応し、動画再生環境を充実させた。





関連記事:




  


Posted by gogoing at 16:01Comments(0)

2014年07月31日

Windows 8.1の新規インストール(二)



 パッケージ版DVD-ROMからコンピューターを起動すると, 最初に「Windowsセットアップ」が起動するので、使用する」語やキーボードレイアウトを選択してから、ブロダクトキーの人力やライセンス条項の同意、インストールの種類と進む{図037~042)。
win8.1 pro









関連記事:




  


Posted by gogoing at 17:54Comments(0)